スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディズニー英語システムは0歳からでも効果ある!〇〇だけやればOK!

おうち英語教育

ディズニー英語システム0歳から使っても効果があります

私は、子供が赤ちゃんの時からディズニー英語システム(DWE)を使って英語教育を始めました。
下の子が0歳、上の子が2歳の時にスタートしました。

DWEを始めてから3年が経ち、我が家ではすっかり「おうち英語」が定着しました。
今振り返ってみて、赤ちゃんの時から続けているからこそ未だに無理なく続けられていると感じています。

今回の記事では、DWEを0歳から始めると得られる効果・進め方・注意点などについてお話したいと思います。

おうち英語をするときに「これだけは気をつけてほしい」大切なことも最後に書きました。

私の体験談や専門家の意見も交えてお伝えしますので、是非最後まで読んでいってくださいね^^

スポンサーリンク

ディズニー英語システムは0歳から始められる?

ディズニー英語システム(DWE)は0歳の赤ちゃん期から使うのがおすすめです。

0歳の赤ちゃんは、音や映像に反応したり手足を動かしたりするようになりますが、まだ立ったり歩いたりすることはできません。

そのため、この時期は英語のインプット=「掛け流し」をする絶好のチャンスなんです。

0歳の時は掛け流しだけ意識して続けていればOKです。
DWEは音楽や文章が洗練されていて、かけ流すのに最適な素材です!

ところで、日本語と英語と一緒にお勉強を始めて、「赤ちゃんは混乱しないのかな…」と心配になりますよね。

私も始めた当初はそう考えていたのですが、今なら断言できます。
正しいインプットの量で学んでいけば混乱しないので大丈夫です。」

実際に私の子供たちも、赤ちゃんの時から英語のインプットしていましたが日本語の発達はふつうか少し早い方だと思います。

後で詳しくお伝えしますが、英語教育するには日本語にもしっかり取り組んでいることが前提条件です。

スポンサーリンク

ディズニー英語システムを0歳から使うとどんな効果があるの?

DWEを0歳から始めると、言語を習得する第一歩である大量のインプットを早く始めることができます

そのインプットを早く始めれば始めるほど、先のステップへ行くのが早くなります。

また、幼児が大人よりも高い音を聞き分ける能力が高いことをご存知でしたか?
実は、これは生まれつきの能力なのです。

赤ちゃんや幼児は、母国語だけでなく他の言語の音も区別できるのですが、成長するにつれて自分の話す言語に関係のない音は無視するようになります。

そのため、大人になると他の言語の音を聞き分けることが難しくなるのです。

例えば、「あ」の音は、英語では約200ヘルツ、日本語では約100ヘルツです。

周波数が高いほど音は明るく聞こえます。
逆に、周波数が低いほど音は暗く聞こえます。

高い音を聞き分けることが自然に出来るうちに、英語の音に慣れさせてあげることはとても重要なんです!

スポンサーリンク

ディズニー英語システムの0歳児への使い方

0歳の時は、英語のインプットを始めやすい時期です。

子どもは2,000時間で言葉を話せる又は理解すると言われていますが、それは赤ちゃんの頃から取り組んでも構いません。

0歳の赤ちゃんは、基本的にCDのかけ流しを中心に行います。
お部屋のBGMとして、うるさくない程度にかけ流しましょう。

DWEでは、プレイアロングとシングアロングというCDがあります。

プレイアロングは、内容や話し声の速度などが赤ちゃん向けのCDで、初めての掛け流しに最適です。
シングアロングは、DWEの歌のCDです。

これらのCDを家にいるときにBGMとしてかけ流すようにしましょう。

また、特にプレイアロングに関しては親子のコミュニケーションを深め楽しみながら学ぶことができます。

映像の中にお母さんやおもちゃやぬいぐるみが出てきて、赤ちゃんの興味に合わせて遊ぶので楽しく学ぶことができます。
我が家の5歳3歳の子供も、いまだに時々プレイアロングを観たがるほど大好きですよ。

スポンサーリンク

0歳から英語教育を始める時に、一つだけ注意したいこと

0歳から英語教育を始める上で、一つだけ注意したいことがありあます。

それは、日本語の環境づくりです。

日本語の発達に影響しないように、英語の掛け流しの時間は毎日制限時間を決めて取り組みましょう。

私の知り合いでバイリンガル育児をしてきた大先輩がいますが、その方は「赤ちゃんの時は30分〜1時間ほどかけ流すのみで良いのでは」と言っていました。

赤ちゃんとの日常を思い浮かべて欲しいのですが、ママからの赤ちゃんへの語りかけは、のんびり話しますし量も多くありませんよね。

対して、掛け流し用のCDは英語を絶え間なく流すわけです。
ということは、普通の会話に比べてインプットの量がとっても多いんです!

バイリンガル教育する上では、母国語の教育が非常に重要と言われています。
最終的に英語でペラペラ話すレベルまで行けたとしても、思考するときには頭の中で母国語を使うからだそうです。

なので、英語教育ばかりに熱が入って、日本語の語りかけをおろそかにしては危険なんです。

赤ちゃんへの英語掛け流しについてネットで検索すると、「1日中ずっと掛け流しをするのが良い」と言う意見も見かけますが….私はずっとはしていませんでした。

大人だって、ずっと音がしている中では気持ちが安らぎませんよね。
赤ちゃんにも静かな時間が必要だと思います。

というわけで、掛け流しの時間を決めて毎日取り組むのをお勧めします!

スポンサーリンク

まとめ

ディズニー英語システムは0歳からでも効果があります。

言語を習得する能力が高いうちに英語のインプットを始めるのは得策です。
DWEは赤ちゃんが大好きになって楽しく学べるように、色々な工夫をこらした教材です。

でも、私の意見ではCDを1日中掛け流しするのはお勧めしません。
なぜなら、母国語(日本語)での語りかけの時間も大切にしたいからです。

「あまりにも小さいから英語教育しない方が良いのでは?」という心配は要りません。
実際に我が家の子供たちは問題なく日本語を話していますよ。

0歳からでも安心して取り組んでくださいね♪
一緒におうち英語がんばりましょう!

 

少しでも育児の参考になれば幸いです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました